2019年8月24日土曜日

blank

この記事の所要時間:0秒




































2019年8月13日火曜日

薄皮流30+30インターバルのススメ

こんなやつです


こういう人におすすめです
しんどいインターバルは嫌だ
それなりに達成感はほしい
継続して同じ練習に取り組みたい
「マッカーシースペシャル」という文字列を見ると手が震え、不安な気持ちになる

<必要なもの>
zwift
30+30のワークアウト
メトロノームアプリとか

<やり方>
90BPM付近のお好みのテンポでメトロノームを流す
メトロノームに合わせ、90BPMのときL5の負荷になるように変速する
zwiftで30secオン、30secレストのワークアウトをやる
オンのときはケイデンス90rpm、レストは45rpmで漕ぐ
部屋は暗くする
目を瞑る
変速はしない
zwiftワークアウトの音を頼りにオンオフする。

<よいところ>
ほとんどメンタル的な消耗がない
それなりにL5以上に負荷をかけられる
気持ち的に達成感がある
きついワークアウトで挫折するよりかはこれを続けるほうが圧倒的にまし


<解説>
とにかく気楽にインターバルを日常に組み込みたい。
まず30秒オンっていうところが気楽にやるポイントで、個人差はあると思うけど僕的にはL5以上は30秒を超えてからきつくなりだす感じがある。
しんどい区間をなくすことで、インターバルの回数を増やし、メンタル的な負担を減らし、翌日以降も続けていくモチベーションにつなげていく。

さらに気楽にするために、メトロノームの音、zwiftのオンオフの音だけを頼りにすることで、なるべくワークアウトをシンプルにする。
「残り秒数を見る」「オンオフの切り替え時に変速する」「出力出ているか確認する」などの行動を省くことにより、足の動きやメトロノームのリズムのみに集中することができる。
これを続けるとどうなるかというと、メトロノームの音が頭に響きだし、腰から足まで連動して勝手に動き出す。いわゆるゾーンってやつに近しい状態になってくる。
そうなればもうこっちのものです。気がついたら1時間経っている。不完全とはいえL5滞在時間30分。やろうぜインターバル。

2019年7月18日木曜日

New Vision Tech SC road wheels get kaleidoscope carbon rims for under $1,100


https://bikerumor.com/2019/07/15/new-vision-tech-sc-road-wheels-get-kaleidoscope-carbon-rims-for-under-1100/

vision techは予算を気にする人向けの新しいラインナップとして、SC 40とSC 55と呼ばれるロード用カーボンクリンチャーホイールを発表した。前後セットで1100ドル以下であり、(名前から分かる通り)リムハイトは40mmと55mmであり、リムブレーキ版とディスクブレーキ版で共通のリムを使用する。2:1組とチューブレスレディ、独特なブレーキ面を特徴とする、シリアスレーサー向けのミドルグレードのクリンチャーホイールだ。



Vision Tech SC 55 carbon clincher road wheels

vision techはFSAのパフォーマンス・エアロ路線(?)のブランドであり、ホイールのラインナップもすでにある。metron slシリーズがvisionのフラグシップにあたり、新しいSCシリーズにより低価格に抑えたラインナップも拡充した。40mmと55mm、リムとディスクを選べるオプションがあり、およそ50%安いのは魅力的だ。我々はテストのためにSC55ホイールを提供された。以下がそのファーストインプレだ



箱を開けて見ると、保管や移動の際に起こるダメージや傷をふせぐためであろうホイールカバーに包まれていた。



ホイールカバーを取り払うと、まず最初に見えたのが、ブレーキ面のとても奇妙な模様だ。metronシリーズに無いような、角ばった鉱石のようなデザインが光を反射している。
今現在、このデザインに関して機能面での恩恵があるのか、単なるデザインなのかvisionに問い合わせている

(追記:visionはこのブレーキ面のデザインに機能面での恩恵はないと認めた)

ディスクブレーキ版は同形状のリムを使用しているが、リムブレーキ版と異なるデザインをしていることに留意していただきたい














visionはこのハブをP.R.Aと呼んでおり、「柔らかく軽量な合金を使用しているため、カセットのロー側が一体化されていないものは使用しないでください」といった注意書きが書かれたステッカーを貼っている。【アンチバイト構造ってそんなコストかかるの?】sramの11速、12速用のXDRハブ【従来のはめ込み式じゃなくて、一体型カセットねじ込み式のやつ】も利用できる。




テストしたのはリムブレーキ版で、ハブは前100mm、後ろ130mmのクイックリリース式だった。



前輪のスポーク数は16本で、後輪は2:1組の21本だ。耐久性を増すために、リアのスポークテンションを均一化させている。ライダーの体重制限について問い合わせてみたところ、vision techは公式にこう答えた

”90kgより重い方はより頻繁にホイールやコンポを確認してほしい。109kg超えの方についてはホイールのライフスパンは劇的に短くなるだろう”





リムは完全にチューブレスレディ互換だが、テスト品のリムテープは通常のクリンチャー用だった。チューブレスレディ用キットは75ドルから利用できる

【このライター、チューブレスとレディを混同してない?】

このSCラインアップは9月より購入できる。SC40が999ドルで、SC55が1099ドルだ。

2019年6月23日日曜日

CJ一里野2019

舗装→激登り→ゆるく長い泥下り→泥→林道シングル→芝泥→ぬかるんで登れない急斜面→ガレた急斜面→ゲレンデ芝→舗装気味の登り→林道シングル→ゲレンデ下り→フィニッシュ


men advance
最後尾スタートのOさんが1位、僕が2位

1週目の中盤の芝登りで先頭付近に立つことができた。ゲレンデ直登する箇所はひっじょうに勾配がきつく、eagle50Tでもギリギリだった。なるべく後輪を滑らさないように、上半身に無駄な力が入らないように、登りでもかなり集中した。ゲレンデ最高位で振り向くと2番手に同チームのOさん(下りメチャうまい)がいたので、「交代してください!」と言って下がった。1週目でこんなに上位まで上がってこれるとは思っていなかった。興奮している。一旦冷静になる必要を感じ、奥のシングル区間はOさんの後ろにつくことにした。

2周目はOさんと僕、下りで追いついてきた2名の計4名で展開。脚質の違いか、2名が激坂でガンガンageていき、勾配が緩むところで僕らが追いつくってことを繰り返した。で僕らが追いつくとまたageていく。興奮していたんだろうか。もったいない走りだと感じた。

2周目のシングルでOさんに突き放され、2位~4位争い。3週目の芝登りで僕が二番手独走体制に入り、そのまま後続に差をつけてフィニッシュ。

2019年6月9日日曜日

CJ MTB 2019 6/15 一里野 展望 [MTB]

○アドバンス
ソニックが勝つ



○チャレンジ
○エリート
○マスターズ
○ジュニア